ジェラルドウェッセル-パンの本のプレゼンテーション

ジェラルドウェッセル-パンの本のプレゼンテーション

昨年11月5日、ヘルマン・ブロート生誕75周年を記念して、全国各地で式典が行われました。私たちの美術館では、本のプレゼンテーションはパンでした。

写真家であり、ズボーレで生まれたジェラルド・ウェッセルは、ハーグの写真技術学校で学生としてヘルマン・ブロートを学びました。 

彼の最新の本 パン はオランダで最も偉大なロックンロールアーティストの親密な肖像画ですが、美術館の世界では過小評価されているアーティストであり、未知の陽気な物語と数え切れないほどの写真家ジェラルドウェッセルの膨大なアーカイブからの写真が公開されたことはありません。 80年代半ばからミュージシャン/アーティストの人生の終わりまで、写真家がそれを呼ぶように、2人は「プロの友情」を持っていました。ウェッセルは、良い時も悪い時も、そしてブロードだけが経験した比類のない冒険の間、国内外でブロードを追いかけました。彼らは写真の面で完璧にお互いを感じ、その結果、 20,000枚の写真。この本では、ジェラルド・ウェッセルがブルードでの経験を言葉とイメージで振り返り、その激しい時期に出会った古い友人にもインタビューしました。

賑わいは素晴らしく、とても特別な夜でした!

MarijkeRipkeによって作成された写真。 


3件のコメント

  • Edwin Schild

    Verzonden=verslonden

  • Edwin Schild

    Ik kon op deze dag er helaas niet bij zijn, maar heb inmiddels wel het boek ontvangen wat ik bij jullie heb besteld. De eerste bladzijden die ik reeds verzonden heb was een groot vermakelijk feest en heel erg leuk geschreven. Herman brood museum en Gerard Wessel heel erg bedankt voor dit prachtige document.
    Groet Edwin schild

  • Edwin Schild

    Ik kon op deze dag er helaas niet bij zijn, maar heb inmiddels wel het boek ontvangen wat ik bij jullie heb besteld. De eerste bladzijden die ik reeds verzonden heb was een groot vermakelijk feest en heel erg leuk geschreven. Herman brood museum en Gerard Wessel heel erg bedankt voor dit prachtige document.
    Groed Edwin schuld

コメントを残す