配送ポリシー

規約と条件

目次:
第1条–定義
第2条–起業家のアイデンティティ
第3条–適用性
第4条–オファー
第5条–合意
第6条–撤回の権利
第7条–反省期間中の消費者の義務
第8条–消費者による撤回の権利の行使とその費用
第9条–撤退の場合の起業家の義務
第10条–撤回の除外権
第11条–価格
第12条–コンプライアンスと追加保証
第13条–配信と実行
第14条–期間トランザクション:期間、キャンセル、延長
第15条–支払い
第16条–苦情手続き
第17条–紛争
第18条–追加または異なる規定

第1条–定義
これらの契約条件では、次の定義が適用されます。
追加契約:消費者が距離契約に関連して製品、デジタルコンテンツ、および/またはサービスを取得し、これらのアイテム、デジタルコンテンツ、および/またはサービスが起業家または第三者によって提供される契約。第三者および起業家。
リフレクション期間:消費者が撤退の権利を利用できる期間。
消費者:彼の貿易、ビジネス、工芸または職業に関連する目的のために行動しない自然人。
日:暦日;
デジタルコンテンツ:デジタル形式で作成および配信されるデータ。
期間契約:特定の期間中の商品、サービス、および/またはデジタルコンテンツの定期的な配信にまで及ぶ契約。
耐久性のあるデータキャリア:任意のツール-電子メールを含む-個人情報が意図される目的に合わせてカスタマイズされた期間中に、将来の相談や使用する方法で彼に対処される店舗情報を消費者や起業家を可能にします、および保存された情報の変更されていない複製を可能にします。
撤退の権利:クーリングオフ期間内に距離契約をキャンセルする消費者のオプション。
起業家:離れた場所にいる消費者に製品、(アクセス)デジタルコンテンツおよび/またはサービスを提供する自然人または法人。
距離契約:起業家と排他的または共同使用が契約の締結を含むまでに作られていることにより、製品、デジタルコンテンツおよび/またはサービスの距離販売のための組織的なシステムの枠組みの中で、消費者との間で締結契約1。または距離通信のためのより多くの技術;
モデル撤回フォーム:これらの契約条件の付録Iに含まれているヨーロッパのモデル撤回フォーム。消費者が注文に関して撤回する権利を持たない場合、附属書Iを利用可能にする必要はありません。
遠隔通信の技術:消費者と起業家が同時に同じ部屋で会う必要なしに、契約を締結するために使用できることを意味します。

第2条–起業家のアイデンティティ
ヘルマンブロートエクスペリエンスBV
ブライマルクト21
8011NEズボーレ
info@hermanbroodmuseum.nl

商工会議所番号:
67478867

VAT識別番号:
NL857017226B01

起業家の活動が関連するライセンスシステムの対象となる場合:
監督当局に関する情報。

起業家が規制された職業を実践している場合:
彼が所属する専門家協会または組織。
職業上の称号、それが授与されたEUまたは欧州経済領域内の場所。
オランダで適用される専門家規則への参照、およびこれらの専門家規則にアクセスできる場所と方法の表示。

第3条–適用性
これらの一般条件は、起業家からのすべてのオファー、および起業家と消費者の間で締結されたすべての距離契約に適用されます。
距離契約が締結される前に、これらの一般条件のテキストが消費者に提供されます。これが合理的に不可能な場合、起業家は、距離契約が締結される前に、起業家で一般的な利用規約をどのように見ることができるか、そして消費者の要求に応じてできるだけ早く無料で送信されることを示します。
距離の契約は、前項にもかかわらず、距離契約が締結される前に、電子的に締結されている場合は、これらの一般的な契約条件のテキストは、消費者が簡単な中に保存することができることができるような方法で電子的に消費者に利用できるようにすることができます耐久性のあるデータキャリアへの道。これが合理的に不可能な場合は、距離契約が締結される前に、一般利用規約を電子的に参照できる場所が示され、消費者の要求に応じて電子的またはその他の方法で無料で送信されます。
これらの一般利用規約に加えて特定の製品またはサービス条件も適用される場合、2番目と3番目の段落が準用され、消費者は、矛盾する条件が発生した場合に、自分にとって最も有利な該当する条項をいつでも呼び出すことができます。 。

第4条–オファー
オファーの有効期間が限られている場合、または条件の対象となる場合、これはオファーに明示的に記載されます。
オファーには、提供される製品、デジタルコンテンツ、および/またはサービスの完全かつ正確な説明が含まれています。説明は、消費者によるオファーの適切な評価を可能にするために十分に詳細です。起業家が画像を使用する場合、これらは提供される製品、サービス、および/またはデジタルコンテンツの真の表現です。オファーの明らかな間違いやエラーは、起業家を拘束するものではありません。
各オファーには、オファーの受け入れにどのような権利と義務が付随しているかが消費者に明らかであるような情報が含まれています。

第5条–合意
パラグラフ4の規定に従い、契約は、消費者がオファーを受け入れ、関連する条件が満たされた時点で締結されます。
消費者がオファーを電子的に受け入れた場合、起業家はすぐにオファーの受け入れの受領を電子的に確認します。この承諾の受領が起業家によって確認されていない限り、消費者は契約を解消することができます。
契約が電子的に締結された場合、起業家はデータの電子転送を保護し、安全なWeb環境を確保するために、適切な技術的および組織的措置を講じます。消費者が電子的に支払うことができる場合、起業家は適切なセキュリティ対策を遵守します。
法的枠組みの中で、起業家は、消費者が支払い義務を果たすことができるかどうか、および距離契約の責任ある締結に重要なすべての事実と要因について自分自身に知らせることができます。この調査に基づいて、起業家が契約を締結しない正当な理由がある場合、彼は理由を持って注文または要求を拒否するか、実行に特別な条件を付ける権利があります。
遅くとも、製品、サービス、またはデジタルコンテンツが消費者に配信されると、起業家は次の情報を書面で、または消費者がアクセス可能な方法で耐久性のあるデータキャリアに保存できるように送信します。
消費者が苦情を申し立てることができる起業家の設立の訪問先住所。
消費者が撤退の権利を利用できる条件と方法、または撤退の権利の除外に関する明確な声明。
保証および既存のアフターサービスに関する情報。
製品、サービス、またはデジタルコンテンツのすべての税金を含む価格。該当する範囲で、配送費用。距離契約の支払い、配達、または履行の方法。
契約の期間が1年を超える場合、または期間が無期限である場合に、契約を終了するための要件。
消費者が撤退の権利を持っている場合、モデル撤退フォーム。
長期取引の場合、前項の規定は最初の配達にのみ適用されます。

第6条–撤回の権利
製品の場合:
消費者は、理由を述べることなく、少なくとも14日間の反映期間中に、製品の購入に関する契約を解消することができます。起業家は消費者に撤退の理由を尋ねることができますが、彼に理由を述べる義務はありません。
パラグラフ1で言及されている反映期間は、消費者、または運送業者ではない消費者によって事前に指定された第三者が製品を受け取った翌日から始まります。
消費者が同じ順序で複数の製品を注文した場合:消費者または消費者が指定した第三者が最後の製品を受け取った日。起業家は、注文プロセスの前にこれについて消費者に明確に通知した場合、配達時間が異なるいくつかの製品の注文を拒否することができます。
製品の配送が複数の出荷または部品で構成されている場合:消費者または消費者が指定した第三者が最後の出荷または最後の部品を受け取った日。
一定期間の商品の定期配送契約の場合:消費者または消費者が指定した第三者が最初の商品を受け取った日。

有形の媒体で提供されていないサービスおよびデジタルコンテンツの場合:
消費者は、理由を述べることなく、サービス契約および有形媒体で最低14日間配信されなかったデジタルコンテンツの提供に関する契約を解消することができます。起業家は消費者に撤退の理由を尋ねることができますが、彼に理由を述べる義務はありません。
第3項で言及されている反映期間は、契約締結の翌日から始まります。

撤回の権利について通知しない場合、マテリアルメディアで配信されない製品、サービス、およびデジタルコンテンツのクーリングオフ期間の延長:
起業家が消費者に撤回の権利またはモデル撤回フォームに関する法的に必要な情報を提供しなかった場合、反映期間は、この記事の前の段落に従って決定された元の反映期間の終了後12か月で期限切れになります。
起業家が最初のクーリングオフ期間の開始日から12か月以内に前の段落で言及した情報を消費者に提供した場合、クーリングオフ期間は消費者がその情報を受け取った日から14日後に失効します。 。

第7条–反省期間中の消費者の義務
クーリングオフ期間中、消費者は製品とパッケージを慎重に取り扱います。彼は、製品の性質、特性、および機能を判断するために必要な範囲でのみ、製品を開梱または使用します。ここでの基本原則は、消費者は店で許可されているのと同じように製品を取り扱い、検査することしかできないということです。
消費者は、第1項で許可されている範囲を超える製品の取り扱い方法の結果である製品の減価償却に対してのみ責任を負います。
起業家が契約の前または締結時に撤回の権利について法的に必要なすべての情報を提供しなかった場合、消費者は製品の減価償却の責任を負いません。

第8条–消費者による撤回の権利の行使とその費用
消費者が撤退の権利を利用する場合、彼はクーリングオフ期間内にモデル撤退フォームまたは別の明確な方法でこれを起業家に報告します。
できるだけ早く、ただし第1項に記載の通知の翌日から14日以内に、消費者は製品を返品するか、起業家(の正式な代表者)に引き渡します。起業家が自分で製品を収集することを申し出た場合、これは必要ありません。消費者は、反射期間が満了する前に製品を返品した場合、いずれにせよ返品期間を観察しました。
消費者は、元の状態とパッケージで合理的に可能な場合、起業家によって提供された合理的かつ明確な指示に従って、提供されたすべての付属品とともに製品を返品します。
撤回の権利を正しくタイムリーに行使するためのリスクと立証責任は、消費者にあります。
消費者は、製品を返品するための直接費用を負担します。消費者がこれらの費用を負担しなければならないと起業家が報告しなかった場合、または起業家が自分で費用を負担することを示した場合、消費者は返品の費用を負担する必要はありません。
クーリングオフ期間中に、限られた量または特定の量で販売の準備ができていないサービスの提供またはガス、水、または電気の供給を最初に明示的に要求した後に消費者が撤退した場合、消費者は債務を負います。義務の完全な履行と比較して、離脱時に事業者が満たされた債務の一部に比例した量A起業家。
次の場合、消費者は、限られた量または量で販売の準備ができていないサービスの実行または水、ガス、または電気の供給、または地域暖房の供給にかかる費用を負担しません。
起業家は、撤退の権利、撤退の場合の費用の払い戻し、または撤退のモデルフォームに関する法的に必要な情報を消費者に提供していません。
消費者は、反射期間中にサービスの実行の開始、またはガス、水、電気、または地域暖房の供給の開始を明示的に要求していません。
次の場合、消費者は、有形媒体で提供されていないデジタルコンテンツの全部または一部の配信にかかる費用を負担しないものとします。
納品前に、彼はクーリングオフ期間が終了する前に契約の履行を開始することに明示的に同意していません。
彼は、同意を与えるときに撤回の権利を失うことを認めていません。また
起業家は消費者からのこの声明を確認できませんでした。
消費者が撤回の権利を利用する場合、すべての追加の契約は法律の運用により解消されます。

第9条–撤退の場合の起業家の義務
起業家が消費者による撤退の通知を電子的に可能にする場合、彼はこの通知を受け取った後すぐに受領確認を送信します。
起業家は、消費者が撤回を通知した日から14日以内に、返品された製品に対して起業家が請求する配送料を含め、消費者が行ったすべての支払いを遅滞なく払い戻すものとします。起業家が自分で製品を回収することを申し出ない限り、製品を受け取るまで、または消費者が製品を返品したことを証明するまでのいずれか早い方まで、返済を待つことができます。
起業家は、消費者が別の方法に同意しない限り、消費者が払い戻しに使用したのと同じ支払い方法を使用します。返金は消費者にとって無料です。
消費者が最も安い標準的な配達よりも高価な配達方法を選択した場合、起業家はより高価な方法の追加費用を払い戻す必要はありません。

第10条–撤回の除外権
起業家は、以下の製品およびサービスを撤回の権利から除外することができますが、少なくとも契約の締結に間に合うように、起業家がオファーでこれを明確に述べている場合に限ります。
価格が金融市場の変動の影響を受け、起業家が影響を及ぼさず、撤退期間内に発生する可能性のある製品またはサービス。
公売中に締結された契約。公開オークションとは、製品、デジタルコンテンツ、および/またはサービスが、起業家によって、個人的に存在する消費者、またはオークションに個人的に存在する機会が与えられた消費者に、以下の指示の下で提供される販売方法を意味すると理解されます。落札者は、製品、デジタルコンテンツおよび/またはサービスを購入する義務がある競売、と。
サービスの完全な実行後のサービス契約。ただし、次の場合に限ります。
実行は、消費者の明示的な事前の同意を得て開始されました。と
消費者は、起業家が契約を完全に履行するとすぐに撤退の権利を失うと宣言しました。
オランダ民法第7:500条および旅客輸送協定に記載されているパッケージ旅行。
宿泊施設の提供に関するサービス契約。契約で特定の日付または期間が規定されている場合、居住目的、貨物輸送、レンタカーサービス、ケータリング以外の目的で提供されている場合。
余暇活動に関連する契約(契約がその実施のための特定の日付または期間を規定している場合)。
プレハブではなく、消費者の個人的な選択または決定に基づいて製造された、または明らかに特定の人を対象とした、消費者の仕様に合わせて製造された製品。
すぐに腐る、または保存寿命が限られている製品。
健康保護または衛生上の理由で返品に適さず、配達後に封印が破られた封印された製品。
本来、納品後に他の製品と取り返しのつかないほど混合された製品。
契約締結時に価格が合意されているが、納品は30日後にのみ可能であり、実際の価格は起業家が影響を及ぼさない市場の変動に依存するアルコール飲料;
封印されたオーディオ、ビデオ録画、およびコンピュータソフトウェア。これらの封印は、配信後に解除されています。
新聞、定期刊行物、または雑誌(購読を除く)。
有形媒体以外のデジタルコンテンツの提供。ただし、次の場合に限ります。
実行は、消費者の明示的な事前の同意を得て開始されました。と
消費者は、彼が撤退の権利を失うと宣言しました。

第11条–価格
オファーに記載されている有効期間中、VAT率の変更による価格の変更を除き、提供される製品および/またはサービスの価格は上昇しません。
前項とは異なり、起業家は、価格が金融市場の変動の影響を受けやすく、起業家が影響を及ぼさない製品またはサービスを変動価格で提供することができます。この変動への依存と、引用された価格が目標価格であるという事実は、オファーに記載されています。
契約締結後3か月以内の値上げは、法定の規制または規定の結果である場合にのみ許可されます。
契約締結後3か月からの値上げは、起業家がこれを規定し、次の場合にのみ許可されます。
a。それらは法定の規制または規定の結果です。また
NS。消費者は、値上げが有効になった日から有効な契約をキャンセルする権利を有します。
製品またはサービスの提供に記載されている価格には、VATが含まれています。

第12条–契約の遵守と追加の保証
製品および/またはサービスが契約に準拠していることを起業家の保証、プランに記載された仕様、信頼性および/またはユーザビリティと契約の締結および/または政府規制の日に既存の法的規定の合理的な要件。合意された場合、起業家は製品が通常の使用以外に適していることも保証します。
起業家、その供給者、製造業者、または輸入業者によって提供される追加の保証は、法的権利を制限することはなく、起業家が契約の一部を遵守しなかった場合、消費者は契約に基づいて起業家に対して主張できると主張します。
追加の保証とは、起業家、その供給者、輸入者、または生産者が、契約の一部を履行できなかった場合に法的に要求されるものを超える特定の権利または請求を消費者に与えるという約束を意味すると理解されます。 。。

第13条–配信と実行
起業家は、製品の注文を受けて実行するとき、およびサービスの提供の申請を評価するときに、可能な限り細心の注意を払います。
配達場所は、消費者が起業家に知らせた住所です。
これらの一般利用規約の第4条に記載されている内容を十分に遵守することにより、起業家は、別の納期が合意されていない限り、受け入れられた注文を迅速に実行しますが、遅くとも30日以内に実行します。配達が遅れる場合、または注文を実行できないか、部分的にしか実行できない場合、消費者は注文後30日以内にそのことを通知されます。その場合、消費者は費用をかけずに契約を解消する権利を有し、いかなる補償も受ける権利があります。
前項の解散後、起業家は消費者が支払った金額を直ちに返金します。
製品の損傷および/または紛失のリスクは、特に明記されていない限り、消費者または事前に指定されて起業家に通知された代表者に配達される瞬間まで、起業家にあります。

第14条–期間トランザクション:期間、キャンセル、延長
キャンセル:
消費者は、無期限に締結された製品(電気を含む)またはサービスの定期的な配送に及ぶ契約を、合意されたキャンセル規則を遵守し、通知期間を1か月以内に終了することができます。
消費者は、一定期間締結された、製品(電気を含む)またはサービスの定期的な配送に及ぶ契約を、合意されたキャンセル規則を遵守することにより、一定期間の終わりに向けていつでも終了することができます。少なくとも最大1ヶ月の通知期間。
消費者は、前の段落で言及した契約を締結することができます。
いつでもキャンセルでき、特定の時間または期間のキャンセルに限定されません。
少なくとも、彼が入力したのと同じ方法でキャンセルします。
起業家が自分で定めたのと同じ通知期間で必ずキャンセルしてください。
拡大:
一定期間締結され、製品(電気を含む)またはサービスの定期的な配送に及ぶ契約は、一定期間、暗黙的に延長または更新することはできません。
前項とは異なり、一定期間締結され、日刊ニュース、週刊新聞、雑誌の定期配信に及ぶ契約は、消費者の場合、最大3ヶ月の期間、暗黙のうちに延長される場合があります。この拡張された契約に反対する。これ以上1ヶ月の通知期間を延長の末をキャンセルすることができます。
一定期間締結され、製品またはサービスの定期的な配送に及ぶ契約は、消費者が通知期間を1回以内でいつでもキャンセルできる場合に限り、無期限に暗黙的に延長することができます。月。契約が通常の場合、通知期間は最大3か月ですが、月に1回未満で、日刊、ニュース、週刊の新聞や雑誌が配信されます。
日刊、ニュース、週刊の新聞や雑誌の定期購読(試用版または紹介用サブスクリプション)の期間が限られている契約は、暗黙のうちに継続されることはなく、試用期間または紹介期間後に自動的に終了します。
間隔:
契約期間が1年を超える場合、消費者は、合理性と公正性が合意期間の終了前にキャンセルに反対しない限り、1年後いつでも1か月以内の通知期間で契約を終了することができます。

第15条–支払い
契約または追加の契約条件に別段の定めがない限り、消費者が支払うべき金額は、クーリングオフ期間の開始後14日以内、またはクーリングオフ期間がない場合はその後14日以内に支払う必要があります。協定の締結。サービス提供契約の場合、この期間は、消費者が契約の確認を受け取った翌日から始まります。
消費者に製品を販売する場合、消費者は一般的な条件で50%を超える前払いを義務付けられることはありません。前払いが規定されている場合、消費者は、規定された前払いが行われる前に、関連する注文またはサービスの実行に関していかなる権利も主張することはできません。
消費者は、起業家に提供または表明された支払いの詳細の誤りを直ちに報告する義務があります。
彼は支払遅延の起業家によって通知されたと起業家は、まだ彼の支払義務を満たすために消費者に14日の期間を与えられた、もしご入金後にした後、消費者は、時間に(秒)彼の支払義務を履行しない場合この14日間の期間内に行われなかった場合、法定利息は未払い額に対して支払われることになり、起業家は彼が負担した法外徴収費用を請求する権利があります。これらの収集費用は最大で次のとおりです。2,500ユーロまでの未払い金額の15%。次の€2,500で10%、次の€5,000で5%、最低€40、=。起業家は、消費者に有利なように、記載された金額とパーセンテージから逸脱する可能性があります。

第16条–苦情手続き
起業家は十分に公表された苦情手続きを持っており、この苦情手続きに従って苦情を処理します。
契約の履行に関する苦情は、消費者が欠陥を発見した後、合理的な時間内に起業家に完全かつ明確に説明する必要があります。
起業家に提出された苦情は、受領日から14日以内に回答されます。苦情が予測可能なより長い処理時間を必要とする場合、起業家は14日以内に受領通知と、消費者がより詳細な回答を期待できる時期を示して回答します。
消費者は、相互協議で苦情を解決するために、少なくとも4週間は起業家に与える必要があります。この期間の後、紛争解決手続きの対象となる紛争が発生します。

第17条–紛争
これらの一般条件が適用される起業家と消費者の間の合意には、オランダの法律のみが適用されます。

第18条–追加または異なる規定
これらの一般利用規約から逸脱する追加の条項または条項は、消費者に害を及ぼすものではない可能性があり、書面で、または消費者がアクセス可能な方法で耐久性のあるデータキャリアに保存できるように記録する必要があります。